教員情報
     


  アサキモリ カズオ   asakimori kazuo
  浅木森 和夫
   所属   総合生活学科 総合生活学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2007
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 An Analysis for Student Opinion Survey with Item Response Theory
執筆形態 共著
掲載誌名 Proceedings 8th International Conference on Information technology Based Higher Education and Traini
巻・号・頁 pp.403-408
著者・共著者 Kanetsugu Sakata, Min Kang, Kazuo Asakimori and Makoto Kaburagi
概要 項目反応理論を用いて、情報リテラシーにおいて実施しているアンケート調査について2004年度~2006年度に収集した回答の定量的分析を実施した。その結果、学生意識に経年的な変化の様相が見られた。この時期は、旧学習指導要領で学んできた学生と新学習指導要領で学習してきた学生とが交錯する時期と一致しており、我が国が進めてきた21世紀の「教える」教育から「学ぶ」教育へのシフトで、「ゆとり」を中心とする意識刺激型の教育が学力低下を招いたという評価・反省との関連において興味ある結果であった。