教員情報
     


  アサキモリ カズオ   asakimori kazuo
  浅木森 和夫
   所属   総合生活学科 総合生活学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 1999
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 Interpreting anomalous electron pairs as new particle decays
執筆形態 共著
掲載誌名 J. Phys. G: Nucl. Part. Phys.
巻・号・頁 25 L133-137,pp.L133-L137
著者・共著者 K Asakimori, T H Burnett, M L Cherry, K Chevli, M J Christl, S Dake, J H Derrickson, W F Fountain, M Fuki, J C Gregory, T Hayashi, J Iwai, A Iyono, J Johnson, M Kobayashi, J J Lord, O Miyamura, K H Moon, H Oda, T Ogata, E D Olson, T A Parnell, F E Roberts, T Shiina, S C Strausz, T Sugitate, Y Takahashi, T Tominaga, J W Watts, J P Wefel, B Wilczynska, H Wilczynski, R J Wilkes, W Wolter, H Yokomi and E Zager
概要 日米エマルション実験( JACEE )でのエマルションに記録された宇宙線衝突で発見された多重電子対について、低エネルギー核データから予見された新しい中性粒子による崩壊から生ずる不変質量 9 Mev/c2を持つ多重電子対の増加との関連について調べた。結果は、親のエネルギーや統計等による影響はあるが、新しい中性粒子の存在を否定するものではなかった。