教員情報
   TOPページ   


  ハシモト レイコ   Hashimoto Reiko
  橋本 礼子
   所属   文学部 日本語日本文学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
日本語学 (キーワード:方言学、日本語学、言語変化、方言文法、社会言語学) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  身体感覚の表現―疲れや辛さを表す関西の語彙― 地図で読み解く関西のことば 67-87頁 (共著) 2022/04
2. 著書  語彙的感動詞の発達―高知方言の驚きの感動詞から― 感性の方言学 297-321頁 (共著) 2018/05
3. 著書  推量表現形式の分布とその変化―地域共通形式への収斂と脱推量形式化― 空間と時間の中の方言―ことばの変化は方言地図にどう現れるか― 106-127頁 (共著) 2017/05
4. 著書  『新日本言語地図 ―分布図で見渡す方言の世界―』   (共著) 2016/12
5. 著書  真田信治編『社会言語学の展望』  147-160頁 (共著) 2006/03
6. 論文  方言談話資料と昔話資料にみる「マ-」の地域差 方言の研究 (8),161-185頁 (単著) 2022/07
7. 論文  「みずや」(水屋)の意味の地域差 神女大国文 (33),94(13)-79(28)頁 (単著) 2022/03
8. 論文  田植歌に見る石見方言のモダリティ形式 神女大国文 (32),80-67頁 (単著) 2021/03
9. 論文  「射る」の活用を考える 神女大国文 (31),61(14)-43(32)頁 (単著) 2020/03
10. 論文  山口県東周防方言の指示詞の形容詞用法・副詞用法について
――コネーナ・コネーニ類とコントナ・コントニ類の違い―― 阪大社会言語学研究ノート (16),70-83頁 (単著) 2019/07
全件表示(44件)
■ 所属学会
1. 1996/05~ 日本語学会
2. 1998/01~ 社会言語科学会
3. 2002/09~ 日本語文法学会
4. 2010~ 日本言語学会
■ 学歴
1. 1997/04~1999/03 大阪大学 文学研究科 日本学専攻博士前期課程(修士) 修士課程修了
2. 1999/04~2004/03 大阪大学 文学研究科 文化表現論専攻博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
3. 2004/09/24
(学位取得)
大阪大学 博士(文学)取得
■ 職歴
1. 2007/04~2009/03 神戸女子大学 文学部 文学科 国文学専攻 准教授
2. 2009/04~2019/03 神戸女子大学 文学部 日本語日本文学科 准教授
3. 2019/04~ 神戸女子大学 文学部 日本語日本文学科 教授
4. 2015/04~ 神戸女子大学大学院文学研究科 准教授