教員情報
   TOPページ   


  タナカ ミキコ   TANAKA MIKIKO
  田中 美紀子
   所属   文学部 教育学科
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 著書  Kants Kritik der Urteilskraft und das Opus postumum ― Probleme der Deduktion und ihre Folgen (カント『判断力批判』とオプス・ポストゥムム―演繹論の問題とその結果) (単著) 2007/11
2. 論文  Die Deduktion in der Kritik der teleologischen Urteilskraft. (単著) 2001
3. 論文  Die zweistufige Harmonie zwischen dem Reich der Natur und dem Reich der Gnade in der Monadologie — Der Übergang von der Metaphysik zur Moral. (単著) 2001
4. 論文  Organismusbegriff und das Lebensprinzip in Kants Opus postumum(オプス・ポストゥムムにおける有機生の概念と生命原理) (単著) 2005
5. 論文  Die Idee der Vernunft - Hegels Kritik an Kant in "Glauben und Wissen"(理性のイデー。『信と知』におけるヘーゲルのカント批判) (単著) 2005
6. 論文  カント『判断力批判』の「目的論的判断力の方法論」の意義について―カントと同時代の批判者たちをめぐって (単著) 2007
7. 論文  ドイツにおける企業倫理―分析と傾向 (単著) 2008
8. 論文  Frauen zwischen Selbst- und Fremdbestimmung―Die Frauenrolle in Hegels Gesellschaftstheorie(自己決定と他人決定の間で揺れる女性たち ―ヘーゲルの社会理論における女性の役割) (単著) 2010/10
9. 論文  Kategorischer Imperativ für Unternehmer? Kritik an Bowies Wirtschaftsethik (企業のための定言命法?ボウイの企業倫理への批判) (単著) 2012/01
10. 論文  カントにおける法義務としてのhoneste vive (単著) 2013/07
全件表示(21件)
■ 所属学会
1. 1999/06~ カント協会(ドイツ)
2. 2005/09~ 日本カント協会
3. 2006/12~ 日本哲学会
4. 2013/10~ 国際十八世紀学会
■ 学歴
1. 関西学院大学大学院博士課程前期課程 文学研究科 哲学専攻 修士課程修了 文学修士
2. マールブルク大学 社会科学・哲学部 哲学、ドイツ文学・ドイツ語学
3. マールブルク大学大学院 社会科学・哲学部 哲学科 博士課程修了 Doktorin der Philosophie (哲学博士)
4.
(学位取得)
文学士
5.
(学位取得)
■ 職歴
1. 2015/04~ 神戸女子大学 文学部 教育学科 教授