教員情報
     


  ナカムラ タカシ   NAKAMURA TAKASHI
  中村 隆
   所属   看護学部 看護学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/03
形態種別 論文
標題 コウホート分析入門─鶴岡調査データを例に─
執筆形態 単著
掲載区分国内
出版社・発行元 統計(3月号)
巻・号・頁 (64),50-54頁
概要 一般財団法人)日本統計協会の月刊誌の「統計を深く知る」のコーナーに掲載された論文である。継続調査データから年齢・時代・世代効果を分離するコウホート分析の入門として、1951年からほぼ20年ごとに4回実施されてきた「鶴岡共通語化調査」のデータを例に用い、コウホート分析における識別問題の存在とその克服法としてのベイズ型コウホート・モデルについて説明した。鶴岡調査データから「鈴(スズ)」の共通語率を分析した結果を示し、世代効果が大きいことから、主として世代交代によって共通語化が進展したと結んだ。