教員情報
     


  ナカムラ タカシ   NAKAMURA TAKASHI
  中村 隆
   所属   看護学部 看護学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 成人の同一話者を41年間追跡した共通語化研究
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 計量国語学
巻・号・頁 29(7),241-250頁
担当範囲 第4回(平成24年)鶴岡調査の実施に参加し、分析結果の解釈について議論を行った。
著者・共著者 横山詔一、中村 隆、阿部貴人、前田忠彦、米田正人
概要 国立国語研究所と統計数理研究所は、山形県鶴岡市で共通語化の大規模な経年調査を1950年から実施している。そのデータのうち、成人の同一話者を約20年間隔で41年間にわたって追跡した経年調査データに着目し、時間経過とともに音韻とアクセントの共通語化がどの程度進むのかを統計的に検討した。その結果、アクセントについては調査年の効果に有意差がみられ、言語形成期を過ぎた成人でも年齢を重ねるにつれて共通語化が進行することが明らかになった。一方、音韻については調査年の効果に有意差はなかった。音韻の共通語化に関しては、言語形成期に習得した言語体系が現在の言語使用に反映されていると言える。