教員情報
     


  ナカムラ タカシ   NAKAMURA TAKASHI
  中村 隆
   所属   看護学部 看護学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/12
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 Trends in American public opinion: a cohort analysis of shifting attitudes from 1972-1990(米国世論の変化傾向:1972から1990年の態度変容のコウホート分析)
執筆形態 共著
掲載区分国外
出版社・発行元 Behaviormetrika
巻・号・頁 24(2),179-191頁
担当範囲 分析データの事前処理、コウホート分析プログラムの開発および実行、分析結果のとりまとめと結果の解釈について議論を行った。
著者・共著者 共著者: Miller, A. S. and Nakamura, T.
概要 社会経済的態度が保守的になってきたという諸研究は、年齢・時代・世代効果を適切に区別してこなかった。米国一般社会調査(GSS)データに対してベイズ型コウホート・モデルを適用することにより3効果を分離し過去の文献から導出された3つの仮説の検証を行った。その結果、道徳的規範および犯罪については時代効果として保守化のトレンドにあり、市民の自由および女性の権利については保守化の傾向にはなかった。世代効果としては、新しい世代ほど麻薬や同性愛に対して態度は保守化傾向にあるほかはリベラルな方向にあった。