教員情報
     


  ナカムラ タカシ   NAKAMURA TAKASHI
  中村 隆
   所属   看護学部 看護学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1996/12
形態種別 論文
標題 外食・欠食のコウホート分析
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 厚生の指標,
巻・号・頁 43(13),22-27頁
担当範囲 分析データの事前処理、コウホート分析プログラムの開発および実行、分析結果のとりまとめと結果の解釈について議論を行った。
著者・共著者 共著者: 久山佳代、那須郁夫、森本 基、中村 隆
概要 厚生の指標特別編集号「国民栄養の年次推移」をもとに欠食・外食のコウホート分析を試みた。欠食・外食共に、時代効果は日本の景気動向を反映していた。3効果のうち年齢効果が最も強く影響し、20~24歳が最も欠食・外食が多かった。30~39歳で結婚による性差が表われ、女性の方が欠食・外食共に少なかった。団塊の世代の後に生まれた女性に、朝食の欠食が少なく(昭和24~28年生まれ)、夕食の外食が少ない(昭和29~33年生まれ)世代が存在した。虫歯が最も多い昭和34~38年生まれは、最も朝食を欠食する世代でもあった。