教員情報
     


  ナカムラ タカシ   NAKAMURA TAKASHI
  中村 隆
   所属   看護学部 看護学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1996/12
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 On the stability of church attendance patterns during a time of demographic change: 1965-1988(1965から1988年にかけての人口変動期における教会参加パターンの安定性について)
執筆形態 共著
掲載区分国外
出版社・発行元 Journal for the Scientific Study of Religion,
巻・号・頁 35(3),275-284頁
担当範囲 分析データの事前処理、コウホート分析プログラムの開発および実行、分析結果のとりまとめと結果の解釈について議論を行った。
著者・共著者 共著者: Miller, A. S. and Nakamura, T.
概要 米国の20年間の礼拝出席頻度のパターンは安定的であったという報告があり、人口構成の変化(ベビーブーマーの加齢)は礼拝出席者の増加をもたらすはずだがそうはなっていない。ベビーブーマーは礼拝出席頻度を低下させているという仮説が考えられ、米国一般社会調査(GSS)データにベイズ型コウホート・モデルを適用・分析することによって検証を行った。第2次世界大戦以前に出生した世代は礼拝出席頻度が高く、この世代が退席していくにつれ礼拝出席数は減少することが予測された