教員情報
     


  ナカムラ タカシ   NAKAMURA TAKASHI
  中村 隆
   所属   看護学部 看護学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1989/12
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 継続調査によって社会の変化を捉えるコウホート分析の方法
執筆形態 単著
掲載誌名 理論と方法
掲載区分国内
巻・号・頁 4(2),5-23頁
概要 継続調査によって社会の変化を捉えるための有力な方法であるコウホート分析法は、年齢区分×調査時点形式のデータから年齢・時代・世代効果を分離しようとする方法である。ただし、コウホート分析には識別問題が存在し、3効果を一意に分離することが不可能であるとされてきた。この識別問題を克服するために、パラメータの漸進的変化の条件を取り入れ、赤池のベイズ型情報量規準ABIC最小化により最適モデルを選択する方法について述べた。欠測年を含むデータや年齢区分と調査間隔が一致しないデータも分析可能となる。年齢×時代の交互作用効果をもつモデルについて拡張し、社会階層と社会移動全国調査(SSM調査)データの分析結果を示した。