教員情報
     


  ナカムラ タカシ   NAKAMURA TAKASHI
  中村 隆
   所属   看護学部 看護学科
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1984/07
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 下顎第1大臼歯齲蝕経験のコウホート分析─歯科疾患実態調査報告資料による─
執筆形態 共著
掲載誌名 口腔衛生学会雑誌
掲載区分国内
巻・号・頁 34(3),240-247頁
担当範囲 分析データの事前処理、コウホート分析プログラムの開発および実行、分析結果のとりまとめと結果の解釈について議論を行った。
著者・共著者 共著者: 那須郁夫、森本 基、中村 隆
概要 下顎第1大臼歯DMFTについて等計量線図とベイズ型コウホート・モデルを応用した.分析の結果、男女とも第2次世界大戦中生れの齲蝕の少ないコウホートは、現在でも齲蝕が少ないまま経過しており、昭和30年代後半生れのコウホートで齲蝕が相対的に最も高く、最近のコウホートでは減少していた.また、男子では、思春期から20歳代までの時期に齲蝕発生が抑制されるが、女子では、この時期にも齲蝕が増加している.齲蝕の調査資料を分析する場合、出生コウホートによって齲蝕経験に差のあることを考慮した分析が必要である。